2015年7月末にWindows 10がリリースされ、3カ月が経過したが、先般、初めてのアップグレード版となるThreshold 2(以下、Th2)のリリース直前版となるビルド 10586が、テストを行っているInsider Preview Programの参加ユーザーに配布された。製品版としては、「Windows 10 November Update」という名称で、11月のWindows Updateで一般提供が開始されている。
 Microsoftは、Windows 10において年2~3回ほどのアップグレードを計画している。つまり、今までのWindows OSとは異なり、3カ月~4カ月ごとに新たな機能を提供していくことになり、Windows 10は常に最新の機能を取り込んでいく。今までのWindows OSのように、3~4年ごとに新しいWindows OSがリリースされてアップグレードしていくのではなく、常に最新機能が使えるOSになる。
 Th2は、7月末にリリースされたWindows 10(Threshold 1:Th1)から、ユーザーからのリクエスト(Insider Hubからのフィードバック)のあった一部のUI変更などを行っているが、見た目としては細かな改良にとどまっている。

■ GUIの改良
 まず、地味ではあるものの、日本のユーザーにとって非常に評価したいのが、「スタートボタン」→「すべてのアプリ」でのリスト表示だ。Windows 10 Th1では、漢字名のアプリは、すべて「漢字」というカテゴリに表示されていた。
 これがTh2では、アプリ名の読みを50音順に表示するように変更された。この機能によりアプリが探しやすくなった。できれば、Windows 7などと同じように、ユーザーが自由にフォルダーを作成して、特定のアプリをまとめられるようになると、さらに便利になるのだが。
 スタートメニューで表示されるアプリのタイルは、Windows 10 Th1では中サイズで3列までしか表示できなかった。しかし、Th2では、中サイズのタイルを4列まで表示できる様になった。
 ただ、3列と4列の切り替えは、「設定」→「パーソナル設定」→「スタート」→「タイル数を増やす」で行うため、3列と4列のタイル表示をカテゴリごとに混在させることはできない。「タイル数を増やす」を選択するとすべてのタイル表示が4列になる。
 スタートメニューのタイルなどの右クリックメニューや、スタートボタンの右クリックメニューも、Windows 10のUIスタイルにマッチしたモノに変更されている。特に、タイルの右クリックメニューは、タイルのサイズ変更を選択した時にグラフィカルなサイズが表示されるようになった。
 「パーソナル設定」→「スタート」にプレビュー画面が表示されるようになった。これにより変更が簡単に確認できるようになった。
 このほか、「パーソナル設定」→「色」→「スタート、タスク バー、アクション センター、タイトル バーに色を付ける」では、ウィンドウのタイトルバーに色を付けることが可能になった。
 「設定」→「システム」→「マルチタスク」のスナップの項目が増えている。新しく追加されたのは、スナップされたウィンドウのサイズを変更する時に、隣接するウィンドウのサイズも自動的に変更するという機能だ。この機能は、タブレットモードなどでアプリを複数表示している場合、あるアプリのサイズを変更すると、自動的に隣のアプリのサイズも変更されるようになる。
 アクションセンターには、「表示」という項目が追加された。
 Windows 10 Th1でもWindowsキー+Pや「Windowsモビリティセンター」での外付けディスプレイなどで、外部ディスプレイの表示切り替えが行えた。
 しかし、前者ではコマンドキーを知っている必要があり、また後者ではメニューのアクセスが複数段階にわたっていたため、アクションセンターに項目を追加して、簡単に利用できるように変更された。

■ GPSを利用してタイムゾーンを自動変更
 時計やタイムゾーン設定の機能では、ネットワーク、あるいはタブレットや2in1ノートPCに入っているGPSを利用して、自動的にタイムゾーンを変更する機能が追加された。タブレットやノートPCを持って海外出張するユーザーにとっては、いちいちタイムゾーンを変更しなくてもよくなる。この機能は、Windows 10 Mobileなどで利用するための機能だろう(Windows 10は、PCと携帯電話で同じOSが利用される)。
 また、Th2では、デバイスがGPSなどの位置情報を取得できる場合、マップを利用してデバイスの位置検索などが行えるようになった。これも、タブレットや携帯電話を紛失した時などに、簡単にデバイスの所在をチェックしたり、盗難時にデバイスをロックしたりするなどに利用される、モバイル向けの機能だ。
 Th2は、いろいろ細かな部分の改良が中心だが、携帯電話などに向けたWindows 10 Mobileなどへの対応が行われている。この意味でも、携帯電話向けのOSとパソコン、タブレット向けのOSが融合したといえるだろう。

■ メモリの圧縮ストアでスワップを起こりにくくする
 OSのカーネル関連の改良としては、メモリの圧縮ストア機能とHyper-Vのネステッド機能がある。
 Windows OSでは、多数のアプリを動かすなどにより、メインメモリが足らなくなった時には、ディスクにメモリ情報を書き出して利用する。しかし、こうしてメインメモリからディスクにスワップアウトした段階で、システムのパフォーマンスが一気に低下する。メモリとディスクの性能差を考えれば、理解しやすい。
 そこで、Hyper-Vなどの仮想マシンで利用されているメインメモリの圧縮機能を、Th2の標準機能としてカーネルに搭載した。これにより、多数のアプリが動作していても、できるだけメインメモリを圧縮することで、ディスクへのスワップアウトが起こりにくくした。
 一方、Hyper-Vのネステッド機能は、ハイパーバイザーのHyper-V上にもう1つHyper-Vを重ねる、という機能だ。ただし、Hyper-Vに重ねて動かせるのは、Th2から搭載されたHyper-Vだけ。もちろん、Hyper-V上にVMwareのvSphereを搭載したり、LinuxのKVM、Xenなどを搭載して動かしたりすることは現状できない。
 Hyper-Vのネステッド機能は、2016年にリリースされるWindows Server 2016のHyper-Vコンテナなどの機能で必要となるため、今回のTh2で機能が導入され、動作テストが行われていくのだろう。
 このほか、Skypeがメッセージングアプリとビデオ会議などのSkypeビデオ、通話アプリなどが分かれた。メッセージングアプリは、既存のSkypeのチャット機能と携帯電話などで使われるSMSを含めたモノになった。これ以外にもWi-Fiの管理、モバイルブロードバンドの管理などが使いやすくなっている。
 もう1つユーザーからのフィードバックで大きく変わったのが、ライセンス認証だ。Th1では、Windows 7/8/8.1のユーザーは、動作しているWindows 7/8.1マシンからWindows 10へのアップグレードを行う必要があった。
 Windows 10にアップグレードした後は、新たなプロダクトキーが自動的に付与されていたため、Windows 7/8/8.1マシンから初期状態(クリアインストール)でWindows 10をインストールしても、Windows 7/8/8.1のプロダクトキーが利用できないため、非常に不評だった。
 そこでTh2では、ライセンス認証の仕組みを見直し、クリアインストールでも、Windows 7/8/8.1のプロダクトキーが利用できるようになった。

■ 日本語Cortanaは、今後に期待
 Th2では、パーソナルアシスタントのCortanaがやっと日本語化された。実際使ってみると、マイクの状況によっては誤認識するし、多くの質問がブラウザ(Edge)の検索として処理されている。
 誤認識に関しては、ユーザー側でもヘッドセットなどを利用するか、タブレットやノートPCを使用する場合は、あまりうるさくない場所で使用すべきだろう。将来的には、バックグラウンドの音をフィルタリングして、ユーザーの音声を明瞭(めいりょう)に認識できるようなプログラムやアレイマイクなどが利用されていくと思われる。
 Cortanaの最大の特徴は、パーソナルアシスタントとして、ユーザーの質問やリクエストに応えていくというものだが、現状ではクラウド側の知識ベースが十分に整備されていないようで、まだまだという印象を持つ。
 日本マイクロソフト側でも、こういった問題点は認識しているようで、多くのユーザーにCortanaを使ってもらうことで、クラウド側の知識ベースを充実させていきたいと考えている。その意味でも、日本語環境で本格的にCortanaが利用できるのは2016年に入ってからだろう。米国でも、Windows MobileでCortanaがリリースされてから、1年以上はプレビュー版という扱いだった。やはり、多くのユーザーにテストしてもらってこそ、知識ベースが鍛えられるのだろう。
 なお、日本の利用環境を考えると、Cortanaのキャラクター付けができればフレンドリーになると思われる。ボーカロイドのようにキャラクター別に音声を用意したり、キャラクター画像を用意したりすれば親しみやすくなる。今のCortanaは、あまりにも素っ気なさ過ぎるのだ。
 また現状のビルドでは、米国でサポートされているCortanaの手書き文字認識は、日本語版では対応していない。

■ ブラウザのEdgeは進化中
 Windows 10で搭載されたブラウザのMicrosoft Edgeにも、いくつかの新しい機能が搭載されている。
 まず、タブにマウスを合わせると、Webページのサムネイルが表示されるようになったため、タブで多数のページを表示していても、簡単にページを確認することが可能になっている。また、「お気に入り」とリーディングリストが複数のマシンで同期可能になったのも便利な変更点だ。
 HTMLエンジンとしては、WebRTCのサポート、Media Source Extensions(MSE)、Encrypted Media Extensions(EME)など、W3CがHTML5で規定した機能を取り込んでいる。
 メディア関連では、Edgeで表示中の静止画や動画を、Miracastなどを使って、ほかのマシンやテレビなどに転送する機能が用意された。このほか、Cortanaとの連携機能なども入っている。
 さらに、JavaScriptのパフォーマンスを向上するasm.jsがデフォルトでオンにされており、コードによっては、JavaScriptの動作が飛躍的にアップする。このほか、次世代のJavaScriptとなるECMAScript 2015(ECMAScript6)への対応(現状ではフル対応ではない)が行われている。一部、次世代のECMAScriptで規格化されている機能を先取りして搭載しているのだ。
 ただ、Edgeに関しては、Internet Explorer(IE)に比べると使いにくくなっている機能がいくつかある。お気に入りが簡単に編集できない、ダウンロードフォルダーが変更できないなどだ。
 最も大きな問題は、アドオン(プラグイン)が利用できないことにある。これは、ユーザーよりもサードパーティにとって大きな問題だ。Microsoftでは、Edgeにアドオン機能を提供すると明言しているため、2016年にもリリースされる次期版(Th3?)では機能が追加されるだろう(もしくは、Edgeだけアップデートされる可能もある)。
 2015年4月末に開催されたBuildコンファレンスでは、Firefoxなどのアドオンをそのまま利用できるようにする方針と伝えられている。

■ 企業ユーザーにとってアップグレードはやっかい
 企業にとっては、Th2はある意味やっかいだ。
 Th2は、Windows UpdateでWindows 10 November 2015モジュールとして提供される。Windows 10から、Windows Updateでは重要、オプションなどの区別がなくなり、ユーザーがインストールするモジュールを選択することもできなくなっている。
 しかしこれでは企業は困ってしまうため、アップグレードに関しては、Windows Updateに「アップグレードを延期する」という項目が用意されている。この項目を選択しておけば、アップグレードを数カ月延期することができる。
 コンシューマーが使用しているProや無印Windowsの場合(Current Brunch:CB)は4カ月ほど、企業向けのProやEnterprise(Current Brunch for Business:CBB)は8カ月ほど、アップグレードを延期することができる。
 この間、アップグレードは行われないが、セキュリティ更新プログラムなどは問題なく適応できる。ただ、アップグレードの猶予期間が過ぎれば、アップグレード自体が強制的に適応されるようになる。その後は、アップグレードされたOSのバージョンを前提にセキュリティ更新が行われることになる。
 企業ユーザーとしては、アップグレードが延期されているうちに互換性テストなどを行い、社内のPCに対して段階的にアップグレードを行うことになる。
 Microsoftでは、企業向けに社内でアップグレードを段階的に配布するWindows Update for Business(WUB)機能を用意する予定にしている。Th2のInsider Previewでは、アップグレードを配布するスケジュールを設定する項目がスライダーバーに変更されている。現状では、FastとSlowしかないが、WUBで段階配布(リング)するための基本的な機能が搭載されているようだ。
 ただ、WUBを利用するために新たにサーバーが必要になるのか、クラウドを利用するのかなど、明らかにされていない。もしかするとAzure ADなどのサービスを使って、WUBが実現されるのかもしれない。
 また、アップグレードを行わずにある一定のバージョンを使い続けるなら、Enterprise版のLTSB(Long Term Servicing Branch)を使用する必要がある。
 Microsoftでは、互換性の問題は極力起こらないようにしているため、Windows 10で動作しているアプリはアップグレード後も動作する可能性が高い。ただ、古いアプリケーションに関しては、Windows 10 Th1で動作しても、今後のアップグレードで動作しなくなる可能性もある。企業では、このあたりにも気をつける必要があるだろう。
 Windows 10 Th1で動作できたアプリケーションが、Th2で動かなくなるとは思えないが、今後アップグレードを繰り返すことで、将来の、例えばTh7とか、Th10では動かなくなる可能性も捨てきれない。
 IT管理者にとっては、今後Windowsはこのような流れでアップグレードされていくということを熟知しておく必要がある。LTSBにおいても、2~3年に1回アップグレードされたOSがリリースされるため、LTSBであっても、セキュリティ面や新機能などを考えると2~3年に1回はアップグレードする必要が出てくる。
 今後、Windows 10は、年に2~3回アップグレードが行われるため、IT管理者はアップグレードがひんぱんにあるという前提で、ITシステムを考えていく必要がある。2016年にリリースされるTh3、Th4が出てくるころには、IT管理者自身もWindows 10のWindows as a Service(WaaS)というコンセプトに慣れて、アップグレード自体も大きな問題にはならなくなるだろう。

 米Microsoftは11月2日(現地時間)、OneDriveサービスの内容に関する改定を行なうと、公式ブログ上で明らかにした。

 同社は2014年10月に、Office Home/Personalに付随するOneDriveのストレージサービスの容量上限(1TB)を撤廃したが、OneDriveを利用する少数のユーザーが、ムービーコレクションやDVR録画をアップロードし、1人で一般ユーザーの14,000倍にも上る75TBものストレージを専有していることが明らかとなった。Microsoftでは「バックアップではなく生産性向上のツールとしてOneDriveを使って貰いたい」という意向があり、このため容量無制限制を撤廃したという。

 1TBの容量制限は10月2日より適用されている。既に1TB以上利用しているユーザーに関しては、11月2日より1年間はフルアクセスが可能。それ以降は読み出しCのみ可能で、期間は6カ月間。さらに容量オーバーしたまま6カ月が経過するとアカウントがロックされ、さらに12カ月が過ぎるとコンテンツが完全消去される。

 既にOffice 365の年間契約で支払いを済ませているユーザーが、この仕様変更に対し不服がある場合、Microsoftは返金を行なう。

 一方、無料でOneDriveを利用しているユーザーに関しても、2016年始め頃に容量が15GBから5GBに減らされる。使用容量を超えているユーザーについては通知が行なわれ、90日間の読み書き可能な猶予が与えられる。それ以降は読み出しと消去のみ可能となり、何も行動を取らなかった場合、9カ月目にはアカウントが凍結される。そして12カ月目にはデータが完全消去されることになる。

 加えて、現在OneDriveを5GB無料で使っているユーザーへの救済処置として、MicrosoftはOffice 365 Personalの1年間サブスクリプション(容量1TB付き)を無償で提供する。ただし、クレジットカード登録は必要。

 なお、日本国内向けに展開している「Office 365 Solo」および「Office PremiumプラスOffice 365サービス」に付随するOneDriveの容量に関してはアナウンスがないが、2014年に容量無制限を順次導入するとしながらも、今日に至るまで1TBの容量制限が継続して課せられていたので、事実上導入しなかったことになる。

●タッチキーボードを呼び出すには

 「Windows 10」でタッチキーボードを利用するには、タスクバー上の通知領域にあるキーボードのアイコンをタップする。画面サイズによって異なるが、表示されるキーは大きめでタッチ操作でも快適に入力することができる。

 見た目はiPadやAndroidタブレットライクなキーボードだが、Windows 8以降に搭載されているタッチキーボードの優れているところとして、キーボードショートカットに対応している点が挙げられる。左下のCtrlキーをタップすると、「Ctrl+C」といったおなじみのキーボードショートカットがタッチキーボード上で利用できる。他のOSに比べて使い勝手は一歩リードといったところだ。

●テキスト入力欄をタップしたときに、自動でキーボードを表示する

 Windows 10の「Continuum」機能でタブレットモードとして動作している場合は、テキストを入力できる場所をタップすればタッチキーボードが自動で表示されるが、デスクトップモードの時は通知領域にあるキーボードをアイコンをタップしないと表示されない。

 このままでは使い勝手が悪いので、「設定」→「デバイス」→「入力」にある項目で、「デバイスにキーボードが接続されていないとき、ウィンドウ表示のアプリに自動的にタッチキーボードを表示する」をオンにする。

 ・→Windows 10で2in1を使うなら知っておきたい「Continuum」機能

●キーボードレイアウトを変更する

 タッチキーボードの一番右下にあるキーボードアイコンをタップすると、IME(文字入力ソフト)の切り替えや、キーボードレイアウトを変更できる。キーが左右に分かれる「分割キーボード」に変更すれば、タブレットを両手で持つ場面などで文字入力の使い勝手が向上する。日本語はフリック入力が可能だ。

 先ほど紹介したタッチキーボードの設定画面で、「ハードウェアキーボードに準拠したレイアウトをタッチキーボードオプションとして追加する」をオンにすると、以下のようなキーが多いレイアウトでも表示できる。複雑なキーボード操作を行うアプリを使うときや、通常キーボードの使い勝手をタッチキーボードで再現したい場合に重宝するだろう。

●シンプルになった手書き入力機能

 タッチキーボードのほかに、手書き入力にも対応する。表示される5つの四角い枠の中に文字を直接書き込んでいくことが可能で、文字を崩して書いてもしっかり文字を認識してくれるので、使い勝手は良好だ。ただし、Windows 8から手書き機能を使っていたユーザーはすぐに気付くかもしれないが、Windows 10の手書き機能は以前に比べて機能がシンプルになった。

 Windows 8.1までに搭載していた手書き機能では、書き間違えた文字の上で取り消し線を引くことで文字を修正したり、文字と文字の間に縦線を引いて、スペースを挿入といった、文字修正を修正できるジェスチャー機能のようなものを備えていた。Windows 10の手書き機能では、このような機能は省略されており、「5つの枠の中に文字を書いて確定を押す」という工程を繰り返さなくてはならない。

 Windows 8.1までの手書き入力を愛用していたヘビーユーザーほど、この変更は痛手となるだろう。最近はペンを付属するモデルも増えてきており、手書き入力を活用する機会も増えてきそうだ。これからのさらなる日本語入力の進化に期待したい。

↑このページのトップヘ