この図では示されていないが, Windows 8.1は多くの注目を集めている3Dプリンターや、対応するプリンターにデバイスをかざすだけで印刷を実行するNFC(近距離無線通信)、無線LAN経由でデバイスドライバーのインストールなどを自動的に行い、プリンターを利用可能にするWi-Fi Directワイヤレス印刷、ディスプレイ出力を無線LAN経由で送受信するMiracast(ミラキャスト)ワイヤレスディスプレイなど、多くの新技術にネイティブで対応。これらに対応するデバイスを集めることは難しいものの、今後登場する新デバイスを利用する際はウィンドウズ8.1が必要となるのは確かだろう(図151)。
151
図151:Windowsストアアプリの3D CADから3Dプリンター経由で造形を実行しているシーン(「3D Printing Support in Windows 8.1 Explained」の動画より)





関連記事: